ダイエット・生活リズムを整える水飲み健康法

私が水飲み健康法を開始したのは1年ほど前のことです。きっかけはYouTubeでダイエット関連の動画をみていたときに水がかなり役に立つという情報を得たからです。

まず初めに実践したのは朝起きたらコップ一杯の水を飲むことです。ここでは基本的に常温の水を飲みます。理由としては、寝起きの体に冷水を摂取してしまうと体に負担がかかると言われているからです。ですのでまずは常温をコップ一杯飲み干します。
個人的な感覚としては、睡眠時に枯渇した水分が身体中に染み渡る感覚と共に、いつもより目覚めの良さを感じていました。

次に日中の水分補給ですが一般的には2リットル摂取が良いとされていました。今までは500ミリのペットボトルを仕事中1日かけて飲むようなスパンでしたが、2リットルの水分を摂るようにしてからいつもの倍以上お手洗いの回数が増えました。
仕事柄トイレに行く事が難しくない職にいましたので良かったですが、そうでない職業の方は心配になってしまうと思います。
体の変化としては、トイレの回数と共に汗をかく量もかなり増えた感じがしました。感覚としてはサウナに行った後のリフレッシュ感があるので汗をたくさんかくようになった事はかなり嬉しかったです。
そしてそんな生活を続けていると次第に体重が落ちてきてました。
2ヶ月で4キロほど減りました。

仕事から帰宅するとふくらはぎのむくみが酷く靴下のあとが寝る時までついているようなイメージでしたが、汗と一緒にむくみが取れたのか線もいつもより早く消える感じがしました。

最後の摂取のタイミングが寝る前です。ここでも体に負担をかけないように冷えていない水を飲んでいました。朝と違うのはここでは白湯を飲む事です。
疲れていても寝れないというケースが多くあり原因を調べてみると、自立神経の乱れによるものだという事が判明しましたが、白湯を飲むことにより胃腸が温められて正常な働きを促進してくれるそうです。